波動が高い人たち

【波動が高い人の周りに居たいですか?】

波動が高い人が周りにいますと、自分も波動が高くなりやすいですね。

他人は自分の鏡といいます。

自分が楽しい顔をしてると相手も楽しい顔をしている。

自分が怒っているとと相手も怒っている。

波動が高い人の周りにいるようにするには自分も波動を高くすべきだと思います。

ではどうすれば、自分の波動が高くなるのでしょうか?

man near lightning
Photo by Pixabay on Pexels.com

【だれでも簡単に今すぐできることで波動が高くなります】

日本人が昔から大切にしていること3つで自分の波動も高くなります。

ひとつめ

『親やご先祖様に毎日、感謝を込めて合掌する。』

現在の自分があるのは親やご先祖様がいたからこそ。

朝起きたら、気がづいたら、実際にまたは心の中で手を合わせる。

 

ふたつめ

『自分より他人のことを考えながら行動する』

昔の日本では、(私も母親によく言われましたが)

「自分のことばかり考えないで人様のことを考えなさい」

という教育を受けてきました。

学校でも仕事でも人様がいなければ成り立ちません。

結局、人間は一人では生きていけないのです。

 

みっつめ

『いつもありがとうございます、という謙虚の気持ちを常にもつこと』

ティーンにありがちな、「私はなんでも知っている。みんな馬鹿にみえる」

という態度でしたらいけませんね~(若いうちだけ?)

世の中には50になっても60になっても知らないことがあるのです。

知らないことを知ることで自己成長ができる。

知っていることを指摘されても違う考え方があるとそこでまた自己成長がある。

 

【このみっつを毎日やることで商売も成功する】

昔のテレビ番組の「マネーの虎」を見ていても

商売で成功した虎たちが、

「自分のことしか考えてないですね。それでは無理」

というように自分がxxxだから、自分がxxxを目指しているから

では、商売も成功しないということ。

私の父は中卒で大工を経て、不動産会社を経営して一時期は長者番付に載りました。

父ひとりで学歴もない中、努力をして会社を成功させたのをとても尊敬します。

小さいころから父の背中をみて育ち、

小さいころ夏休みなどに建設現場に連れて行ってもらったり

そして私は6年間父の会社で働いていたので父の仕事ぶりはよく知っています。

社長である父は(事務をしていた母も)お客さん、下請けさん、お店の人、他人という他人に

とても腰が低く、いつも頭を下げて謙虚に人々と接していました。

そしてたくさんの人々に信頼されて商売をやってきたように思います。

商売はこうあるべきだ、と常日頃おもっております。

 

 

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中